Entry

TERA 韓国では月額のようです

  • 2010/11/30 13:42
  • Posted by
  • Category:TERAMMO

ブルーホール代表者インタビュー

気になった部分を翻訳してみる

(一部翻訳がおかしいところがあるかもしれません。ご了承ください)

◆定額制方式の料金制を採用すると発表したが、島やgooのように時間制限が添えられた定額制かどうか気になる。

=時間制限を考慮していない、文字通りの純粋な定額制のモデルである。 後で時間の制限などのモデルを導入することもあるだろうが、今のところ、内部で検討したところはない。

韓国TERAでは月額制の課金形態をとるようですね

今のところ、というのが気になる点ではあります

このままの姿勢で日本にも来てくれるといいが・・・

 

◆オープンβ以降の実用化までにはある程度の時間を考慮しているのか?

=まだ決定しておらず、ハンゲーム側と協議進行中だ。

こちらは非常に気になるところ

韓国でのオープンβが早ければ、その分北米や日本へ来る日も早くなる

 

◆MMORPGの場合、他のジャンルとは異なり、運営の重要性が高く、GMのサービスをブルーホールとハンゲームどこからか?

=ハンゲームで担当している。単純に職員を多く配置したほどではなく、ハンゲームでは、数ヶ月以上テラを専門的にテストしてきた人々の中でGMを選抜して配置するほどに多くの神経を使っていることを知っている。GMのためのウンヨウンツルなどはすでに準備がされている。

これはあくまで韓国ハンゲームでの話であって果たして日本のハンゲームではどうなのだろうか

そのためのTERA LEADER募集であるのだろう と前向きに考えることにしよう

 

◆これまでの大ヒット作は、MMORPGをしていなかった新規ユーザーをたくさん創出し、成功してきた。 ゲームを全くしなかった人は、ゲームはしますが、MMORPGではなく、他のジャンルをしていたゲーマーは、既存の他のMMORPGをしているゲーマーのテラは、どこにターゲットを置いているのか?

=テラは、企画当初から、フラッグシップモデルMMORPGを作ろうとした。 既存のMMORPGの決められた文法を変えて、新しい経験を提供することを望んだ。そのため、テラのターゲット層は、既存のゲームに飽きてしまったMMORPGコアユーザーと20代初中盤にFPSに慣れながら、新たにMMORPGを始めようとする新規ユーザに分けて考え、フリーのターゲット設定方式を導入することになった。だけではなく、コンソールを中心にゲームを起動する海外ユーザー層の両方に適切な戦略だと判断した。 3回のCBTと数回のFGTおよび内部テストを使用して、最近、既存のMMOに慣れているユーザーがフリーターゲットの戦いの難易度や疲労度に多くのフィードバックを受けており、ゲーム内の多くの部分の改善が行われた。 既存のコアユーザーにはフリーのターゲットのような活気に溢れ、新鮮な経験を、新規ユーザーにはよく知られながら長時間プレーすることができるという点をアピールしてほしい。

操作性に関しては触ったことがないのでなんとも言えないが期待したいところ

WASD移動方式のゲームはいくつかやったことがありますが、全て所謂クリックゲーやFPS

ノンターゲティング(フリーターゲティング)ではどうなるのか

 

◆今の発売を控えている時点だが、CEOとしての感慨を教えてみたら?

=まだ時間はあるが、ブルーホールスタジオが大規模なMMORPGの市場では良い先例に残すことを願うだけだ。 一部の大規模な開発者だけ可能だと信じてきた分野で新生開発会社が正常にゲームを完成して発売するという点、デベロッパー/パブリッシャーのコラボレーションモデルの成功がただのカジュアルジャンルに限定されたという点で、ハンゲームの成功を一緒にすることができる場合は、良い事例になることがあると考える。 また、同苦同楽ブルーホールのメンバーたちとどうでも良い成果を分かち合い願望である。

今後の動向が非常に楽しみです

Pagination

Comment

  • コメントはまだありません。

Post Your Comment

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
Mail
URL
Comment
閲覧制限



Utility

Calendar

10 2018.11 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

twitter

徒然に。

Entry Search